--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08.12
Wed

暑いー。口を開けば「暑い」の言葉がポロリしまくり(;-o-)


このあいだ水出しコーヒーとポットを買った件を書きましたが
まさに今が一番活躍する時期です。

毎日コーヒーを作ってて気になってきたのが、抽出後の粉がなんだか勿体ない!
もう一回抽出できないのだろうかと、貧乏くさいことを考えてしまいます。
おじゃるまるの「うすいさちよ」っていうキャラクターが
1つのティーパックで何度も紅茶を抽出していたのを思い出します



私はキスケが好きでした。
いまでもまだ放送してるんかな??


話を戻して、コーヒーの残り粉を何かに使えないと思って調べたら
コーヒーの粉は消臭能力が高いらしいとのこと。
ちょうど夏場は靴箱が臭いからちょうどいいじゃん♪ってことで、
コーヒーの残りの粉で消臭剤を作ることにしました。



まずは抽出後の粉を乾燥させます。
折りたたんだ新聞紙1冊の上に、キッチンペーパー1枚を乗せて、その上に粉を広げます。
以外と水分が出るので、新聞紙1冊ぐらい量は敷いておいた方が良いと思います。
コーヒーの汁が木製の家具とかに染み込んだら…( ̄ー ̄;)ゾッ

P7100001.jpg
室内でもこの状態で1日放置しておけば乾燥します。



お次は粉を入れる袋を用意。
通気性がよく、粉が漏れない様な目の細い袋が良いかなと思い
あちこちお店を探したのですが、ちょうど良いものがない!
って思ってたら、キッチンにいいものがあるじゃない。
三角コーナー用の水切り袋。
P7100002.jpg
探し求めるものは、意外と身近にある…漫画とかでよくあるパターンです。


ただ、これでもちょっと粉が漏れるので、袋を何度か折って
側面や底が2〜3重になるようにします。
P7100003.jpg
分かりにくいですが…この辺は適当に折って大丈夫だと思います。



下部分が厚くなるように折ってみました。
あとはマスキングテープなどで貼り合わせて、乾燥したコーヒーの粉を入れます!
P7100004.jpg





口の部分も、マステで留めるかクリップなどで挟んでもカワイイです。
P7100005.jpg



いっぱいできた(・∀・)人(・∀・)
P7100007.jpg

マスキングテープの柄や、貼り方でいろんなデザインが作れそうです。



ちなみに底部分。
P7100006.jpg


これを靴箱と、冷蔵庫内においています。
効果があるのか夏場でも靴箱が臭くない!すごい(・∀・)人(・∀・)!!

活性炭より消臭力が高いらしいです。
もうキムコ買わなくてもいいかも(笑)
何より使い終わった粉を再利用しているという点で、とても心が満たされる…。
無駄がないっていいなぁ。




ちなみに、注意点として。
●乾燥させた粉は通気性のある容器に入れること。
 ビニール袋に入れてたら白いものが発生…カビ??


●水切り袋でも、振ったりすると多少中の粉が漏れます。
 コーヒーの粉がついて汚れたら困る場所に置く場合は
 下にトレーとか敷いたほうが良いです。
 靴箱でも、消臭袋と靴を密着させないようにしましょう。
 白い靴にコーヒーの粉がついたら…( ̄ー ̄;)ゾッ
 素材によると思いますが、スウェードとか布っぽい生地だと
 汚れが取れにくいと思います。

この辺を気をつけたら、安くて強力な消臭剤だと思います。

袋に詰めるのが面倒なら、瓶とかに入れて蓋をあけっぱなしにして置いても効果がありそうですが
ビンをひっくり返した時の惨事が怖いので、私は袋派で(A;´・ω・)







大活躍中の水出しコーヒー&ポットのセット。おすすめです。




粉がなくなったので追加で購入しました。
いろいろなブレンドがあって楽しいです。


わたしは飲まないから、名前と説明文を読んで楽しむだけですが…







何個あってもかわいいマスキングテープ。




増えすぎたマスキングテープはこんな風に収納したらカワイイ。



こっちもかわいい。




かわいいしか言ってない…















0011.jpg





にほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://namakeie.blog.fc2.com/tb.php/157-774233e9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。