--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02.21
Sat
私も夫も映画を見るのが好きです。
映画館に行くのも、家でビデオをみるのもどっちも好きです。
DVDとブルーレイの時代になっても、未だにビデオレンタルって呼んじゃう…((;´ω`)


最近忙しくてシアタールームもほとんど活躍してないんだけど
ちょっと雑貨をふやしました。

P2151419.jpg

このあいだオッサンとイオンに行った時に見つけたカチンコ!。
映画っぽいアイテム(●´Д`人´Д`●)


カチコーン!
P2151420.jpg

大・中・小って大きさが3種類あったのですが、これが一番小さいサイズ。
私は部屋に映画っぽいアイテムを飾りたくて買ったのですが、
他に一体どういう需要がある雑貨なのかフシギ…ヽ( ´_つ`)ノ ?




あと上映中みたいなランプを入口に。
P2151421.jpg


振動に反応して明かりが付きます。
P2151422.jpg

数秒したら消灯。電池式です。
本当はON AIRが良かったのですが、あまりにも大きいのとコンセントタイプだったからこっちにしました。
角丸の小さな四角形と、こぶり感たっぷりで可愛い(=´▽`=)





さて、わたしは映画を見る時に何種類かパターンがあるのですが
まず1つ目は、新しい話題の映画が見たい
2つ目は、好きな女優、俳優が出てる映画が見たい
3つ目は、何も考えずに頭空っぽで見られる映画が見たい

家でビデオを見るときは、ほとんどが3番目の動機です。
仕事から帰ってニュースもしてない、バラエティもドラマも見る番組が無い…
そんなときはWOWOWで録画した映画をゴソゴソ。

わたしがよく見る映画。
疲れた時、何も考えずに気楽に見られる映画です。
疲労時に面倒なヒューマンストーリーはいらんのです(笑)


『キューティーブロンド(2001年/アメリカ)』

タイトルの通り、主人公は金髪の女の子。
セレブで、ブランドファッションに身を包み、愛犬はチワワで、ポジティブでパーティー大好き。
そんな彼女が何故か弁護士を目指すサクセスストーリー。
サクセスコメディストーリー?
私はブロンドの女性って美人で誰からも羨ましがられる存在なのかと思ってたのですが
以外と軽視されたりバカにされるって事もあるそうで、そういったブロンドジョークを交えた
(@°▽°@)あはは〜 って感じで見られる映画です。
これは続編で『キューティ・ブロンド/ハッピーMAX』もあります。
そっちはチワワネタが結構好き。
10年以上昔の映画ですが、今でも可愛いな〜って思えるファッションもあり。
主人公のまわりもほとんどおバカな人たちばっかりで、疲れている時に見ても心も頭も痛みません。
ポジティブな主人公の痛快サクセスストーリーなので、見終わった後にスッキリ感もあり。

何より、これを見た後はきっと「生まれ変わるなら金髪の巨乳だな…」って思う事間違いなし(*´▽`*)





『お買いもの中毒な私!(2009年/アメリカ)』


これはわりと最近だから有名?
主人公が金髪でポジティブでファッション大好きなおバカさんっていう設定は
キューティーブロンドに似てるかも。
タイトルの通り主人公が買い物中毒になりクレジットカード使いまくりで、遂には支払いが滞り
請求書と督促の嵐が…

お買い物大好きな人、しかもクレジットカード使う人には心に響く台詞がいっぱいです。
カードで支払いが済んだ後のあの快感…獲物を仕留めたような満足感…分かる(笑)
学生の頃はバイトしてて割と余裕があったからカードで服買いまくってました。
お高い、雑誌で紹介されている、憧れのショップの服を手に入れたときの達成感…
そして買ったのに袋から出さずに放置するあの矛盾感( ̄_ ̄ i)

最終的にはイケメン御曹司と結ばれ、雑誌の編集者としても成功するからこれもサクセスムービー?
親友のスーズと「キャーーー!(≧∇≦*)(*≧∇≦)」ってテンション上がるシーンがいつも好き。
私はあまりキャッキャするタイプじゃないから、こういう弾けられる人っていいなぁって思います。

見た後はお買い物がしたくなる事間違いなし(*´▽`*)




『幸せのレシピ(2007年/アメリカ)』


マンハッタンのレストランで料理長を務めるケイトは、完璧主義者。
そんな彼女は、突然亡くなった姉が遺した娘ゾーイと一緒に暮らすことになる。
そこに新たな副料理長として入ってきたニックは、ケイトとは正反対のタイプで・・・。
あらすじを書くのが面倒になったのでここからwiki参照…

これはゾーイ役のアビゲイル・ブレスリンの可愛さに癒される事まちがいなし。
はじめてゾーイがニックに心を開いて賄いのパスタを食べるシーンが美味しそうすぎます。
ラーメンか?っていう勢いでパスタを食べます。なんの変哲も無いただのトマトソースのパスタ…
なんであんなに美味しそうに見えるの!?

ちょっと重たいストーリーもありつつ、全体的には心が(*´▽`*)マッタリ する映画です。
ケイトの家で3人が暖炉の前でテントを張って室内キャンプするシーンがあるのですがそれがとても楽しそう。
自分も子どもがいたら絶対やりたい!のリストに入る事間違いなし。
「そして父になる」にも似たようなシーンがあったっけ。
室内キャンプやりたーい!
最後は3人でお店を開くのですが、私もあのお店に行きたい!ってなります。
あとニック役のアーロン・エッカートが私の好みだ(笑)


食べ物系のマンガも流行っていますが、なんで美味しそうな絵って心が癒されるんだろう?
映画やマンガでずっと覚えていて忘れないのも、意外と食べ物のシーンだったりするし。
ジブリの美味しそうな食べ物のシーンは色々有名ですよね。

「また食べたい」と「また見たい」っていう欲求は似てるのかなぁ。
お腹減ってるときは見てはダメな映画とも言えます。





ここまで3本は私の中で女子っぽいセレクトだと思ってます(`・ω・´)ゝ





ここから女子力ありません。


『ダイハード3(1995年/アメリカ)』
『ダイハード4(2007年/アメリカ)』



これはもう有名すぎますね。
主人公のジョン・マクレーンが不運にも毎回トラブルに巻き込まれ
それ死ぬやろ!っていう場面に何度も遭遇しつつ死なないっていう映画です。

3と4の間に10年以上間があるので、1〜3は時代を感じます。特に女性の髪型が。
メガネのツルを舐めるのってよく見るけど、あの当時の流行なのでしょうか…
絶対汚いよなぁって見てる時いつも思います( ̄▽ ̄;)

3はゼウスが良いです。ゼウスっていう名前からしてもう笑う要素が漂ってますが
この人、常識的な人かと思いきや意外と無茶な行動に走る暴走ゼウス…

4はサイバーテロっていう現代的な要素あり。
相棒となるマシューファレルが情けないキャラから、徐々に逞しい男に成長していくのも見所の一つ。
1〜5の中で4が一番良く見てる気がする。
最大の見所はジョンが戦闘機に乗るシーンでしょうか。見ててそんなバカなって笑います( ´艸`)
あとは、飛んでいるヘリに向かって車を飛ばすシーンで吹き替え版の
「真似しちゃダ〜メですよ〜」ってところ。
マネできないし(笑)
映画館では字幕で見たけど、ダイハードだけはこの吹き替えの声が好き。なよなよ声。
だからテレビで放送されるときはいつもワクワクです。

バーンってなってドカーンってなって、最後は大爆発で終わるお約束。
見た後のバカバカしさと爽快感。世の中が平和で良かった!って思う映画です(´u`*)






『トランスフォーマー/リベンジ(2009年/アメリカ)』


これも超有名ですよね。
車がガシャーン!シャキーン!ってロボットに変身してガチャガチャ戦う映画。
最初はロボット映画なんて絶対興味ないから見たくなかったのですが
オッサンに誘われてしぶしぶ映画館へ…結局全シリーズ映画館で見ちゃった(笑)

このリベンジは3部作シリーズの2作目で、私はこれが一番好きです。
3以降はあまり…というかロストエイジは特に面白くなかった。
1部と2部の彼女役ミーガン・フォックスが美人で好きだったから
ダークサイドムーンで急にヒロイン変わって興醒め。
シリーズ物で急にヒロインが変わると、前回の惚れた腫れたのあのストーリーは何だったの?ってなる。
まぁきっと色々な事情があるのでしょうが…でもヒロインは美人じゃなきゃ嫌だ。
私がスパイダーマンシリーズが嫌いなのは…それです(笑)
アメイジングは美人らしいですがまだ見てないや(´3`)
っていうかハリウッド女優様にむかって美人とか美人じゃないとか何様だって話ですが
やっぱり映画は目でも楽しみたいから自分の好みの顏がいるかどうかは重要だと思います。

小さいディセプティコンが寝返るのや、シモンズが仲間になるのも良いです。
あとはサムの父母のコントね。ああいうエネルギッシュでおバカさんなお母さん役って好き。

仕事中とてつもなく追いつめられてくると心の中で
「オプティマァァーーーース!!!(TДT)」
って叫びたくなる。

ロボットたちが変身するシーンはとてもカッコいいと思います。
結局はガチャガチャ戦ってるだけの映画なので、気楽に見られてオススメ。
見た後はラジカセを警戒します。






けっこう長くなったので今日はここらへんで。

邦画が無いですが、なんとなく気楽に見れて非日常感があるのって洋画かな〜って思ってます。
邦画で面白いのもたくさんありますが
ワイドショー好きな私はこの女優って○○と付き合ってたっけ〜とか、この人ホ●って本当!?とか
雑念が入るから今回の「何も考えず気楽に見られる」のセレクトからは外しました(笑)



それでは(*'v')ノノ










にほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ
にほんブログ村










スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
12.23
Tue

もうそろそろ、この家に引越して2年が経とうとしています。
2年も経つのに未だに放置したままのものがいろいろあったりします。

その中に一つがプロジェクタールームの配線。
わが家は夫の部屋兼シアタールームにしています。
といっても、高価な機材を揃えている訳ではなく
真っ白い壁に直接プロジェクターで投影するだけの簡単なシアタールームです。
スピーカーだけちょっといいやつを買いました。

しかし!そのスピーカーとプロジェクターを繋ぐ配線が太い!長い!邪魔!


この真ん中を走ってる青いケーブル。
直径が10mm近くあります。
これが部屋の真ん中を通って…
1233.jpg


ラグの下を通って、机の上のプロジェクターに繋がっています。
123267.jpg


ラグの下にあるから引っかかることはありませんが、やっぱりかなりポコッとなって気になる。

何より青いケーブルが、いかにも配線出てます!って感じを倍増させてくれてます。


やっと重い腰を上げて配線カバーを検索検索。
太めの配線カバーを見つけてこんな感じにしました。


部屋の中央にケーブルを通すのを止めて、壁伝いにケーブルを走らせます。
1234071234.jpg

この部屋はまわりが全部こんな感じになってて、ちょっと腰をかけたり物を飾ったりできます。
最初はオシャレー(゚▽゚)とか思ってましたが、この配線をするにあたっては超面倒でした。
何回配線カバーの角度を変えるんじゃーヾ(*`Д´*)ノ
どの形の連結パーツを何個買えば良いのか、頭の中で何度もシミュレーションしました。

↓連結部分
123471235.jpg
カバーは自分でカット出来るので長さを測って切って、連結パーツでパチッと繋げます。
ちょっとした誤差は小さく切ったダンボールを詰めて誤摩化しました(〃´・ω・`)ゞ

ちなみにこの手の配線カバーはカッターで簡単に切断出来るって聞いていたのですが
いざカッターナイフで切ってみると…切れない!ヽ( )`ε´( )ノ
何でじゃー騙されたー!って思ってたら夫に
「塩ビカッターじゃない?」
え、何それ知らない何だ塩ビカッターって。

もちろん1円でも安く仕上げたい私は工作用カッターでどうにか切断しました。
とにかくカッターでキコキコキコキコ…3分の2ほど切れたあたりで力任せにねじ切り(超雑)
途中から力つきて、カッターで半分まで切断、残りはハサミで切って(というか押しつぶして)
最後の一押しは手でねじ切り(さらに雑)
大丈夫、切断面が汚くなっても連結パーツで隠れて見えないから。
雑に始まり、雑に終わる私のDIY。

配線は壁にそってビューンと伸ばし…
12341236.jpg

棚の後ろを通って、コーナーを曲がって…
12471237.jpg



ゴール☆
PC071244.jpg


最後がイスの後ろに隠れて分かりにくいですが、とりあえず配線をどうにか片付けました。


ちなみに使った配線カバーはこちら
木目調なのでわりといい感じに仕上がります。
他にも色々なカバーがありましたが、うちのケーブルが太すぎて
これぐらいしかサイズの合うのがありませんでした。





連結パーツ







このカバーは裏面に両面テープがついているので床に固定出来ます。
うちはコルク床なので、いい感じに接着出来ました。


ちなみにプロジェクターを壁に投影するとこんな感じ。
1234079.jpg


最近映画見てないなぁ…





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
03.01
Sat
わが家は平均的というか平凡レベルの家庭です。
むしろ自分の収入は、同年齢と比較しても低い方かと。

しかしそんなわが家にも、セレブか!と言われる贅沢な空間がございます。

それが、映画を見る部屋シアタールームです。


プロジェクター。

DSC08075.jpg



投影するのはこちらの壁面。

DSC08077.jpg
なんか色々ゴチャってますが…


電気を消すとー


WOOOooow!(゚ロ゚屮)屮

DSC08079.jpg

大画面かつ、真っ暗な部屋で見ると気分がちがいます。



平日は忙しいからなかなか映画も見れませんが、週末などはここで映画を楽しみます。
映画館と違って、ビール飲みながら見られるのが良いです。


まぁ気分がセレブなだけで、これといってお金をこの部屋につぎ込んだりはしていません。
壁はもともと白色だし、プロジェクターは制約特典でもらったものだし、防音もしてないし。
買ったのはスピーカーぐらい。
でもこのスピーカー音がリアルですごい迫力!
ただ配線がむきだしなので、これはいずれどうにかしたいです。


映画を見るとき、オッサンはIKEAのソファ。
DSC08080.jpg


私はまだ気に入ったのが見つからないので、普通の椅子で映画を見ます。
決して悪い椅子じゃないけど、長時間映画を見るのはキツい。
無印のが欲しいんだけど、ちょっと高いんだよな〜っていうかIKEAが安過ぎる。


わがやにシアタールームを作ったキッカケは展示場です。
展示場ではじめてシアタールームを見た時は衝撃的でした。
一般庶民の家にシアターがあるなんて…!!(←そういうのはセレブしかもってないと思ってた)
これも家を購入する大きな要因だったと思います。

家でちょっとした非日常を楽しめる。
やっぱり家を買って良かったなーと思える瞬間です。
ローン苦しいけど(笑)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。